給付型と貸与型

奨学金には、返済義務のある貸与型の奨学金(日本学生支援機構など)と、
返済しなくてもよい給付型の奨学金があります。

給付型の奨学金は、学業優秀といった面から貸与型奨学金よりも受給資格が厳しくなっていますが、
その奨学金を返済しなくても良いというメリットはとても大きいものです。
どのような違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。

【貸与型奨学金】
貸与型の奨学金には返済時に利息のつく「有利子」と利息のつかない「無利子」のものがあります。
代表的な奨学金日本学生支援機構奨学金ですが、他にも企業や団体の運営する奨学金が数多くあります。

☆無利子の奨学金
学ぶ意欲と学力があるにも関わらず、金銭的な問題で修学が困難な学生の支援のためのものです。
日本学生支援機構では、第一種奨学金という制度があります。
係る人物、健康、学力、家計のそれぞれの基準を満たす学生が受けることができます。
他にも、地方公共団体の無利子奨学金制度もあります。
これは日本学生支援機構と併用できない場合が多いので、事前に調べておいた方が良いでしょう。
他にも、民間育英団体や、大学独自の奨学金にも無利子で受けられるものがあります。

☆有利子の奨学金
第一種の奨学金よりも審査がゆるやかで、制度を利用出来る可能性が高くなります。
有利子での奨学金制度は、無利子と同じように様々な団体で運営されています。

無利子でも有利子でも、卒業後に返済しなければなりません。
そしてその返済義務を負うのは、学生自身だということも念頭におくべきことです。

【給付型奨学金】
これは、多くの大学や企業が独自に行っているもので、
月額数万円から十数万円くらいまで給付されるというものです。
学業を修了するまで「いただける」ものなので、返済義務は一切ありません。

また、「給付を受けるから必ずこの進路に進め」という制約もありません。
私立大学は国公立大学に比べ学費が高いです。医学部や薬学部では国公立の約10倍の学費がかかります。
そのため、授業料を払えなくなり、退学する学生が出ないように、国公立大学以上に奨学金制度が充実しています。