地域医療奨学金で高額な医大の学費を捻出

地域医療奨学金で高額な医大の学費を捻出

【医学部を卒業するまでにかかる費用】
大学の医学部に入学して、医師になる為の費用はどれぐらいかかるのでしょうか?
医学部を受験してから卒業をするまでの間で、必要となってくる費用は学費だけではありません。
願書代金や受験料、テキスト代金、遠方の大学受験であれば旅費代金、入学金、
地方出身であれば家賃代や食費、受験を受けるまでの予備校など、卒業までの費用は限りありません。

国立の受験料は、17,000円と一律の料金です。公立や大学も同じぐらいの受験料です。
私立大学になると35,000円〜60,000円程となり受験料でも2〜4倍ほどの違いが出てきます。

国立大学医学部と私立医学部の入学から卒業までの費用の目安としては、
国立大学医学部の場合6年間でかかる学費は、入学金を含むと350万から400万円くらいです。
私立医学部の場合6年間でかかる学費は、入学金を含むと2000万から4000万円くらいです。

【地域医療奨学金】
高額な医学部の費用は、奨学金でまかなうという方法があります。
民間団体の奨学金の他にも、地方自治体がその地域に医師を呼び込むために奨学金も設けているところも多くあります。
勤務条件を満たすことで、返還の義務を免除されるものも多くあるので、調べて利用しましょう。

各地方自治体で、医学生のために独自の奨学金を貸与していますが、月々10万円〜30万円くらいになります。

例えば東京都の場合、一般貸与奨学金は、将来、小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれかの領域で、
医師として、東京都が指定する医療機関に、奨学金貸与期間の1.5倍の期間、従事しようとする意思があることを条件に、
月額30万円が貸与されます。
特別貸与奨学金では、指定された大学の医学生に限って、月々修学費の全額と生活費10万円が貸与され、
修学費・生活費合わせて6年間で3000万円〜4000万円が貸与されます。
そして、卒業後の条件をみたせば、それらの貸与された費用の全額が免除されます。

卒業まで大きな金額のかかる医大ですが、奨学金を利用することで学費を捻出することも可能なのです。